[kaggle]Digit Recognizerで遊んでみた

kaggle

こんばんは!つきたんです!

 

kaggleの「Digit Recognizer」で遊んでみました。

kaggleの「Digit Recognizer」について

「Digit Rcognizer」は「Getting Started」というカテゴリで、いわゆる「入門」ということ。

なので、いい成績でもお金はもらえません。笑

 

余談になりますが、入門の次に「Playground」というのもあります。これもお金はもらえないやつです。

実装の参考にしたnote

参考にしたって言うよりは丸写しです(汗)

Top Score using Nearest Neighbours
Explore and run machine learning code with Kaggle Notebooks | Using data from Digit Recognizer

 

ただし、丸写ししてもエラーは出るので、そのあたりを解説していこうと思います。

 

noteの内容を実際に動かしてみる

ではさっそく動かしてみましょう。

インポート文

はい、早速エラーが出ましたねw

ライブラリをインストールする必要があるので、インストールします。

 

Anaconda Navigatorの「Environments」で検索します。

「Not installed」で「torch」と検索すると、「pytorch」というのがでてくるのでチェックON。

ほかのライブラリのインストール確認メッセージが出る場合があるけど、Apply以外に選択肢はないのでApplyする。

 

もう一回Runしてみましょう。

あれ?またエラーになった笑

今度は「指定されたプロシージャが見つかりません」っていうエラーに変わりました。

 

うーん。

ググってみてこんな記事を発見。

from torch._C import * (ImportError: DLL load failed: The specified module could not be found. · Issue #4518 · pytorch/pytorch
File "", line 4, in import torch File "C:\Users\hp i3\Anaconda3\lib\site-packages\torch_init_.py", line 76, in from torch._C import * Import...

 

ここに書いてあったことをいくつかやってみたけど、結局ダメ。

 

ん?そうか

カーネルの再起動でいいんじゃね?笑

 

てことで、いったんShutdownしてやり直したらうまくいきましたw

記念にシャットダウンの図をはっておきますw

test.csvの読み込み

 

じゃっかんテンパったけど、インポートができたので次行く。

1行目のここのとこ、パス名をファイルのある場所に適宜変更してくださいね~。

 

しばらくするとアウトプットが得られるはず。

 

メソッドの宣言

ここは何もドラマが起こらなかったw

 

cuda()のところでおやおや?

続いて以下を実行します。

 

cuda()のところでエラーがでました。

うん。知らんがなw

「cuda()」を削除して実行。変数名にもcudaが使われてるけど無視。

 

こんな感じで。2行目と3行目にあった元々のソースをコメントアウトして、その下にcuda()を消したコードを書きました。

意外と時間がかかったw

 

最小距離などを求める。

Inputがこれ。

Outputがこれ。

 

見本では「Number of not found samples」が1だったけど、今回は0。

cuda消したからかな?

特に気にせず先進んじゃいます。Jupyterってまたやり直せるからね。

sample_submission.csvの読み込み

「sample_submission.csv」の読み込み部分。

またファイルパスは適宜変更してくださいね~。

 

「!head sub.csv」のところで変な警告が出るけど無視。

どうぞ。認識しなくて結構ですよw

Jupyterの作業ディレクトリを確認すると

「sub.csv」

というファイルができているはずだ。これが今回submitするもの。

 

確認作業的な処理

最後に、確認作業的な処理が記述されているので、これも実行してみる。

 

こんな感じで出力される。

 

sub.csvをsubmitしてみよう!

いよいよ、sub.csvをsubmitしてみよう。

submitしたらなぜか3分くらい待たされた・・・。笑

 

そして、はいどーん!

Score 1.00000

きた!

 

めでたし!

というわけで、Digit Recognizerの解説でした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました